toggle
札幌市東区でマンガ・イラスト制作、WEBデザイン・DTP制作、雑貨制作、プラモ制作などを行う就労支援事業所です。マスコットキャラクター、ミライクマ3兄弟のLINEスタンプ好評発売中!
2018-12-07

素直に生きること

皆さんこんにちは。web担当のまるたにです。

 

もう年末ですか・・・まだクリスマス来てないけどw
今年もほんとーにいろいろありました。 でもこれも勉強になったから 良いかな。 なので、しめくくりに私の過去をお話します。え、誰得ですかって? いいんですよ。

 

別に自分の話で自分が話すんですから損するのは自分。(イミフ)

【福祉】、【鬱】、【生きづらさ】等

やっぱり私が福祉の仕事していてここにたどり着いたのは必然なのではないかな、と。

 

イトウくんも話したことだし、別に減ることじゃないんで言いますよ。

コマツさんから私の話聞いて 「あんた小説書いてみたら?」なんて言われる始末。
(覚えてないだろうけど)

 

有名人でもないんで出したところで誰も読まないです。

全員万人受け出来ると思っていないし。 ここだけの話にします(笑)。

 

なので長すぎるから端折りながら語ります。

 

 

18で子供出来ました。

 

 

冒頭から「は?」って感じですよね。

利用者様から見たら確か7歳の娘がいるっていう話聞いてますからね。

23で出来たとかじゃなく?みたいな。

 

その前に1人生んでて現在11歳の息子がいるわけです。私。

 

 

もう5年も会ってません。

 

 

最初から恵まれた環境で生まれた子ではなかった私。

 

 

これもなんですが自分の母親も兄も姉も10年程会ってません。
これはいいんです。自分から離れたくて離れたので後悔してないのです。

人は本当に平等に生まれることは出来ない・・決められない。

 

 

もっと違うやり方もあったでしょ?と思われる人もいるでしょうが
結果どうであれ離れたことには後悔してない。
多分関わっていたら向こうの呪縛に苦労していたに違いない。そんな家族でした。
ホントに血の繋がりってだけで嫌で仕方なかった・・。

 

 

兄と姉を生んだ後離婚、のちに自分の父親と出逢い自分が生まれたわけですが
もう既に不協和音な感じでしたね。
これも長すぎるので端折りますが相性が合わなかったわけですよ。

 

 

ただ兄は大人しい性格だったので嫌いとかはなかったけど・・。

 

 

だから友人や知り合いのお母さんやお父さんのたわいない話をされると
イメージわかなくてうまく答えられない時があります。だいぶ慣れましたけどね。
自分が親になったことで理解は出来るようになったけど・・。

 

 

結局その家族の中で異端児扱いされただけのこと。いない方が平和。それでいい。

 

 

 

 

出ていきたくて仕方なかった10代の頃

 

 

そんな時会ってしまったのが前の・・・・旦那。
1個上のちゃらい男に私の人生半分振り回されてしまいましたね。

 

 

だけど、きっかけを与えてくれたのもその人。
全部が全部否定が出来ない。

 

 

そして子供が出来てしまったわけですよ。

 

 

そんでお金何とかしながら同棲しながら生んだわけですよ。

 

 

19の時、可愛くて元気な男の子を産んだのです。


 

 

苦労の連続(当たり前だけど)

 

 

愛も知らねーで先に子供作ってしまったガキ夫婦に
そりゃあ未来は見えていたのだけど、ほんとに苦労の連続でした。

 

 

まず仕事が続かない。
働いても1か月で辞める始末。人間関係、金銭関係トラブルが起こる起こる。
その後始末を毎度毎度私がしていたんですね。

 

 

この時思ったのですが
両親いてそれなりに裕福で学校も立派なのに
人間的にどこか欠如ありまくる男でした。

 

 

鬱持ちで、躁鬱持ち。
多分ですが発達もあり、アスペルガー持ちだったんだと思います。
話し合いしても無駄。何しても無駄無駄無駄。

 

 

空気読めない
デリカシーがまずない。
下品なこと、常識かける行為を人前で平気で行う。
両親無関心。

 

 

↑ 世間体気にしまくる癖に息子(前の旦那)の行動に何一つ咎めない。
(結婚認めないのは当然、そして私のことなんてそりゃあ興味ないわけですよ。)

 

 

ここで発達障害のことを知ったわけです。

 

 

もう既に別れたい気持ちはあったのですが何故かそこだけは
執着して離れられなかったのです。
私が妊娠しても逃げなかったのも不思議だったのですが
とにかく女がいないと生きてられない人だったんですな・・。
私も子供が父親いない子とか悲しい思いさせるなら・・と我慢しました。

 

 

それに加え、仕事に育児・・・ノイローゼにもなりました。

 

 

ここで私の親の苦労とか初めて考えて歩み寄ろうとは思いましたが
やはり色々あり~ので関わるの止めました。

 

 

息子、2歳で自閉症と診断

 

 

当時癇癪がすごくて疲れまくっていた時に
ある日のほんのささいな会話です。
「こいつあまり喋らないね~」と前の旦那が言ったことで
病院で検査したんですね。

 

 

自閉症と診断受けました。

 

 

あまりこの時記憶ないのですが
ショックだったのは覚えてる。

 

 

だって

 

 

え、見た目普通なのに?
コミュニケーションは確かに私が働いてて夫に育児任せていたのもあったけど
(育児してるなんて感じじゃなかったですけどね。)
え、なんで?」って思いました。

 

 

それでも前の旦那は
お金がなかったのもあり、
手帳貰って手当貰おう!」なんて言ってきたのです。
障がい抱えた子供用の手当てあるのですが確かに多く貰えるものでした。
この時にはもう、
ああ、こいつは死ぬまで父親の自覚なんて無理なのかなと。

 

 

がっかりした気持ちで冷めきっていました。何せ友達の前では嘘ついて
会社員で働いてるなんて言ってますからね。

 

 

ほんとはもう心療内科に通うほど心が弱くて
パチンコに明け暮れる日々で生活保護受けなきゃならないほど危うい生活だったなんて。

 

 

世間体気にする奴ですから嘘つくのも仕方なかったんでしょう。

 

 

それでも息子の将来の為に療育することに決めて児童デイケアに通わせました。
手当も受給しながら。

 

 

それなりに楽しめた日々でした。

 

 

2人目、妊娠

 

 

その時23歳。
前の旦那もやっと正社員決まった後のこと。

 

 

でもやはり、人間関係トラブル故にバックレてしまったわけです。
バタバタだったんですよ・・・。私謝りに行きましたもん。

 

 

そんな中2人目の妊娠・・・・・・あーーあぁ・・・。

 

 

その二人目が今の娘なんですけどね。

 

 

会社クビになって、前の旦那は拗ねて布団から出ないわけですよ。
私が認めないとずっとひきこもる奴でした。
お義母さん来て説得(する気なかったけどね)しても
ブチ切れる始末。しまいには「子供諦めちまえばいいべや」なんて暴言吐かれてしまいました。この言葉、今でも忘れない( ^ω^)すっげぇ哀しかったもの・・。

 

 

それでも産みました。
諦める勇気なんてなかった。どーーーーーしても出来なかった。

 

 

そして生活保護

 

 

結局お金なくて、恥をしのんで息子とお腹かかえたまま区役所の保護課に行きました。
通帳や今抱えてるカード借金。精神疾患診断受けた前の旦那のことを全てあらいざらい話したら、受給可能になりました。
自分の親にも通知来るんですが音沙汰なかったのでちょっと安心しましたね。

 

 

でも、正直嫌でした。

 

 

生まれたら早く・・働かなきゃなって尚更思いました。

 

 

その時に介護の仕事してみるかと考えたんです。

 

 

離婚、息子の親権

 

 

私が介護の学校行ってる間に
まだ乳児の娘と息子連れてバー飲みやパチンコに行かれたのを知った時は
もう我慢の限界来てぶち切れました。

 

 

私結構大人しい性格でしたがこれを機に言いたいことは言うようになりましたね。

 

 

それはもう大変でしたよ。殴り合いの大ゲンカしたり警察三回程来たりね。
私の精神も限界だったんですね。

 

 

もう、限界だったんです。ほんとに。

 

 

躁状態になってる前の旦那は何をしだすかわからない。一緒にいても皆幸せになれないと悟ったんです。

 

 

離婚の話まで来れました。

 

 

しかしこれが前の旦那すっごい強気になって
息子は渡さないと言ってきたんです。
殴り合いの喧嘩はしてもこの時には正直殺される勢いでした・・。
てか長身長で体格のでかい男に、やつれてしまった私の体格じゃ到底敵わないしましてや
乳児の娘がいて今死ぬわけにはいかない・・。

 

 

もう身体的に精神的にボロボロな私は正直衣食住しっかりしてるこいつの立派な実家で育てられたら幸せなのではないか・・・?とも考えてしまいました。
さすがに孫である息子可愛がるでしょうから。

 

 

そして苦渋の決断し、親権は元旦那に。

 

 

まだ乳児の娘は私に・・・・

 

 

息子連れて前の旦那は出て行きました。

 

 

かっか、ばいばーい!」と手を振ってる息子を遠くで見つめながら。

 

 

絶望MAXでした

 

 

いなくなった後・・・介護の資格は取れました。

 

 

後から知りましたが
前の旦那離婚する話から他の女にもう手をつけて交際していたんですよね。

 

 

・・・・・はぁ?無職で病気持ちの分際でよくそんなことできるな。ほんとクソだこいつ・・
(当時はそういう偏見はありました。)

 

 

怒り、悲しみ、そして・・
失望感からの1か月間は鬱でした。

 

 

もう人生最大の鬱。

 

 

死んでしまいたい・・・

 

 

こんな母親、いない方がいい。

 

 

不倫もしていないのに何で私がこんな目に?って思いました。

 

 

今までの人生振り返ってこんな仕打ちないんじゃない?

 

 

もうだめだ。消えたい・・・。

 

 
 

  

 

だけど娘がいる。娘が・・・。

 

 

何とか介護の仕事を見つけシングルマザーとして頑張って働きました。
今はこんなヘラヘラしてるけど当時はかなり鬱で病んでたんですよ。意地でも病院に行くことはなかったですが。

 

 

元旦那から連絡途絶える。

 

 

離婚しても息子とは会えていました。あいつのくだらない話は相変わらず聞いてましたが。今の彼女はこうなんだとか。結局破局したようですけど。

 

 

あと金銭の要求ですね。娘に対して何もしたことないくせに。ていうかそれまで
自分の汗水たらしたお金で買ってくれたことなんてなかったです。

 

 

そして息子の自閉症の再検査が行い、普通と診断されて手帳返還されました。

 

 

しかし夜中でも気になったら電話ひたすらかけてきた奴が

 

 

25歳の時突然連絡途絶えました。それ以来会っていません。
入院したか女関係か・・電話代払えなくて止まったか・・。

 

 

家、会いに行ければ行けるけど・・通報されたら捕まるので
行かなかった。

 

 

一度親権決まったらよほどのことじゃない限り
手放すことは難しいのです。日本は特に・・。裁判するほどのお金もないし。
外国みたいに共同親権だったらなぁって。
でも世の中DVする奴がいる限り難しい問題ですね。

 

 

それから私は職場の人には子供一人しかいない設定で話すしかなかった。
気を遣われるので。

 

 

慣れたら話しますけどね。

 

 

そしていつか息子から会いに来ることを願いながら・・・。

 

 

そして今

 

 

そんでなんやかんやで超優しい両親に恵まれた今の旦那と縁があって出逢い再婚するわけなんですね。

 

 

今の旦那と出逢い5年経ちますが
子供は作っていないです。

 

 

理由はもうこりごりだし欲しくなかったので。

 

 

でも旦那は初婚なので
周りから言われましたよ。
と、いうより職場のおばちゃん達。

 

 

子供作ればいいのに
旦那欲しがると思うよ
浮気されるわよ~。
浮気しない男なんていないわよ~あなたは若いからまだ大丈夫だけど。

 

 

顔はにこっと(苦笑かな)対応しますけど、心の中では
マジでイラっとする言葉達ですw

 

 

何でかって夫婦仲うまくいってなかったり
浮気されたことある人が言ってるからですね。ほんっと余計なお世話です。

 

 

子供出来てノイローゼでもなったら
責任なんか取れないでしょうに~。

 

 

今の時代に「結婚したほうがいい」「一人っ子は可哀そう」とか
押し付けは良くない!No!STOP!

 

 

娘の子育てで今くたくたなんですよっ。

 

 

福祉に対しての価値観

 

 

正直言いますと、

 

 

いや、やわらかく言いますと、

 

 

偏見は前の結婚で散々だったので
介護やっても向いてないなと感じていました。

 

 

話し合いにならない。ましてや話し合いなんか出来ない。
下手したら虐待になってしまうから。やはり対等に出来ない・・。
(勿論人によりますけど)

 

 

こんなこと思う自分はなおさら向いてない。
だから福祉はもう・・と。

 

 

縁があってミライクに来ましたが、具体的には言えないけど
やっぱり難しい・・・と思いました。

 

 

勿論病気になりたくてなったわけじゃない。
障がいになりたくてなったわけじゃない。それはわかってる。
実際病んだので気持ちもわかります。

 

 

むしろ私の方が問題ありすぎてここにいない方がいいのでは・・・

 

 

と大いに悩んだこともあります。

 

 

それでもなんだかんだ言ってここにいれるのは
ミライクのスタッフ皆のおかげなのではないでしょうか。

 

 

完璧じゃない。
完璧じゃなくてもいい。
人間だから苦しい時あるよ。

 

 

今までの職場でこんなとこ初めてでしたもん。
スタッフがまず変わり者ばかり(笑)。あ、私もだね。

 

 

でも
変わり者だからこそわかることありますよね。

 

 

先のことは私も誰もわかりませんけど

 

 

来年は今年より良い年になってくれたらいいなと思います。

 

 

スタッフも利用者様達も。また色々あるでしょうけど・・。

 

 

最後に「あんた色々ぶっちゃけすぎじゃない?」って言われるでしょうけど
そんなに経験してないですよ、一つのことに濃い体験しただけであって。
むしろすっきりしました。

 

 

今年の春にたまたま占い師さんに手相と九星気学占ってくれたんですが
名前からしてもう不幸らしく50歳から大器晩成になれるようです。

 

 

20年も待たなきゃならんのか・・?

ふふ・・

しかし30歳になった時

 

 
自分に素直に生きてやる、と思いました。
素直に生きるゆーてもほどほどですけどね。
 
全部が全部素直に生きたらきっとトラブル起こるので
あれなんですがミライクではこう本音で言えるほど打ち解けれる場でありたいかな、と思っていますよ。
 

てことで、長くなりましたがこれからもよろしくお願いしますね。
こんなあほな人生のお話読んでくれてありがとうございました。まるたに。

関連記事