toggle
札幌市東区でマンガ・イラスト制作、WEBデザイン・DTP制作、雑貨制作、プラモ制作などを行う就労支援事業所です。マスコットキャラクター、ミライクマ3兄弟のLINEスタンプ好評発売中!
2018-02-23

ホームページ作りでの文字の大きさの話1

こんにちはお世話になっております。ミライクに通所しているKです。
今回もまたまたよろしくお願いします。文章にするってのがどれだけ大変なのか身にしみている所です。
しかし将来の為に糧になれることなので頑張りたいと思います。

■ポイントとピクセルは、どう違うの?

ホームページを制作していると、文字の大きさを決めなければならない時があります。
それで、良く出てくる単位にpt(ポイント)とpx(ピクセル)がありますが、どう違うのでしょうか?
1pt(ポイント)は、絶対的な長さで、1/72インチと決まっています。1インチが2.54cmなので、1ポイント=2.54÷72=0.03528cmになります。
その一方、ピクセルは画素の数です。スマホやデジタルカメラで撮った画像などが当てはまります。1ピクセルが何cmになるかは、その画面ごとに違うのです。何で違うかは、2018年現在は、色々な原因があります。

・OSの違い(Windowsか、Mac OSか)

・ディスプレイの解像度の違い

・今、表示に使用しているソフトの違い

1ピクセルが何mmかは、画面解像度によって異なります。画面解像度とは、1インチに何ピクセル入るか。
つまり、2.54cmの中に、何ピクセルを詰め込むか。数字が大きいほど、画像が細かくきれいに映りますが、サイズは小さくなります。逆に、「粗くてもいいから大きく画面に映したい」という人は、解像度を小さくするように決めるでしょう(例えば、YouTubeである曲の動画を見たいとき、音楽の曲を聴くのがメインで、画像は多少粗くてもいい、など。解像度を小さく設定すると、早くデータが落ちて、曲を聴いている最中に止まってしまう事もなくなるし、データ量を使い過ぎて1か月の限界容量を超えてしまうなど、そういうことも少なくなる)。単位はppiといいます(pixel per inchの略。意味は上記の通り)。

上記の理由で、同じポイントでも、ポイント指定でホームページを作ると、見るディスプレイなどの条件により、見え方が違ってしまうので、ホームページ作成にはピクセルが向いているでしょう。
逆に、紙に印刷して出したい場合は、pt(ポイント)を使用した方が、必ず同じ大きさで表示されるため、使いやすいです。

いかがでしたでしょうか。ホームページ制作するときピクセルでやってみてくださいね。

あと、同じwebで制作されてるМさんがwordpressでブログを始めたので是非見に行ってください。かっこいいデザインになっていますね(^^)

これで終わります。ありがとうございました。


関連記事