toggle
札幌市東区でマンガ・イラスト制作、WEBデザイン制作、アクセサリー制作などを行う就労支援事業所です。
2018-03-13

メートル法の単位について

ミライク利用者のKです。今回は、メートル法の単位について説明したいと思います。
みなさん、日常生活で、m(メートル)や、g(グラム)という単位は聞いたことがあると思います。それが、km(キロメートル)やkg(キログラム)だと、元の単位の1000倍など。逆に、mm(ミリメートル)やmg(ミリグラム)だと、元の単位の1000分の1など。このそれぞれの単位の頭につく、k(キロ)やm(ミリ)は、一応、世界標準です。

東洋の数学では万、億、兆など、104ごとに単位が上がりますが、西洋数学では、103ごとに単位が上がります。時々、カンマ(,)が3桁ごとについていて、日本人は違和感を覚えている人がいると思いますが、これは西洋人が読みやすいようになっているからです。この単位を覚えていると、CPUやパソコンのメモリやハードディスクの容量で出てくるキロ、メガ、ギガ、テラなどの単位の意味が理解できると思います。
本日は以上です。ありがとうございました。

関連記事